国際空手道 円心会館 福岡支部 志免道場

国際空手道 円心会館 福岡支部の昇級審査とは

空手をやった経験のない方でも、入門したては白帯で始まり最上位の帯は黒帯であることはご存知だと思います。 現在と違い、空手の殆どの流派において40年程前は白・茶・黒の三段階の帯しかありませんでした。また白帯から茶帯になるにも数年を要し、 同じ白帯でも技術習得レベルが大きく異なり、帯の色による技術習得度合いを正確に評価することが難しい状況にでした。そこで、白から茶帯の間に各色の帯を設けることにより、 技術習得度合いを一目でわかるように改善することとなりました。 現在、円心空手の少年部では、白→橙→青→黄→緑→茶→黒の7色を採用し、更に白・黒を除く各帯を2段階に分けております。(例 橙無印・橙黒線一本) 昇級審査とは、各帯における必要となる技術を習得してるかどうかの審査となります。

国際空手道 円心会館 福岡支部の昇級審査に対する考え

昇級審査とは、各帯に見合った技術を習得しているかどうかの審査ですので、入試とは意味あいが異なります。成績上位者から定員の枠内に入らないと合格できない入試と違い、 帯に見合った技術を習得すれば全員が合格できる試験です。ただし円心空手における帯の考え方は、上位の帯は下の帯の見本となる存在という考え方ですので、日頃の稽古を 不真面目に行い、審査の時に真面目にやるような態度では受験を認めることは、ありません。逆に組手が苦手であったり、高い蹴りが蹴れなくても、本人がそれを克服しようと 努力している姿勢であるならば、受験することも審査を合格することも可能となります。福岡支部では、技術の習得度合いもさることながら、稽古に対する本人の取り組みと 自分の足りない部分を補おうとする努力する姿勢を最も重視いたします。よって審査を受けたいと希望されても、受験することを許可しない場合があることをご理解下さい。

国際空手道 円心会館 福岡支部の昇級審査の実施方法

福岡支部では、年に夏と冬の2回実施いたします。各道場ごとではなく全道場の生徒がアクシオン福岡に一同に集合し審査を受けます。多くの受験者と保護者の皆様が集まる 緊張する環境下での受験となります。非常に人数が多い為に、白→橙→青→黄→緑・茶と帯ごとに分け、9時から白帯から順次審査を開始いたします。 待ち時間を最小限にする為、集合時間は各帯の試験開始予定時間に合わせて集合し、自分の帯の審査が終了しましたら解散いたします。 また各受験者の技術習得度をきちんと評価する為に、林師範が統括で全体をチェックしながら指導員・一般部有段者が、個別に数人づつ受持ちチェックを行います。 更にビデオ撮影を行い、審査終了後に林師範が再度チェックを行う形で実施いたします。この様に福岡支部の審査は非常に厳密に実施することにより、受験者達に 帯の価値の自覚を促します。

受付→投技の実技試験(各帯ごとに規定された投技)→口頭試験(部位・技の名前)→筆記試験(道場のルール、技の名前、型、道場訓等)→実技(基本・型・ミット・組手)

国際空手道 円心会館 福岡支部の昇級審査の結果発表について

審査の翌日から各道場にて、結果を発表いたします。福岡支部の昇級審査は入試のように、ふるい落とす試験ではありませんが、昇級を保留し出来なかった部分の再試験を パスするまで、昇級できない子供達は毎回の審査で生じます。それほど福岡支部では昇級審査は厳しく行っております。そして、これには理由があります。

・真面目に稽古を行い、結果を出した子供達の努力は正当に評価する。
・学校における横並び教育と違い、実社会では厳然とした競争があり、その中の評価で待遇の差が出てくるという事実を体験する。
・仮に失敗したとしても、諦めずに挑戦し結果を出せば報われるということを体験する。
・厳しい審査を通ることによって、努力が報われた時の成功体験を経験する。

あくまでも、昇級審査は落とす為の試験ではありませんし、他人との比較によって合格を決めているわけではありません。 極端な話、本人の努力姿勢や普段の稽古での取組み方を総合的に判断し、多少、その帯の技量として足りない部分があったとしても、 昇級したらその帯にふさわしい技量を身につけるであろうと判断した場合、合格とします。 逆に普段の稽古では不真面目だけれども、組手は強く、技が上手くとも審査を受験することをお断りする場合もあります。 あくまでも我々は子供達に空手による身体的な強さのみを求めるのではなく、苦しく困難な状況においても、諦めずに努力を行う精神力を養ってもらいたいと考えています。 また、その場限りの努力でなく、普段の稽古でも継続的に行われる努力の姿勢を評価いたします。 これこそが厳しい昇級審査を行う真の目的であることをご父兄の皆様には、ご理解して頂ける様お願いいたします。

国際空手道 円心会館 福岡支部の昇級審査会の風景

↑ PAGE TOP